スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.22 Tuesday |  | - | - | - | 

わたし、ツイてます!!

最近はツイてることとか、うれしいことばっか!!楽しい

ちなみに、ツキを呼ぶポイントは、「わたしはツイてる!わたしはツイてる!」と、どんないいときも逆境のときにも、心の中で唱えることです。
そして、人の幸せを願うこと、それを続けると必ずツキは巡ってきます。そして一度ツキを掴んだ人は、その成功のスパイラルに乗って、どこまでもうまく行き続けるそうです。コレは、斉藤一人さんだったか、西田文郎さんだったが言っていた秘訣です。ま、この方たちについては別の機会に記述するとします。。。

まず、昨日は「ブラマヨのお笑いライブ」行ったのです。わたしにとってはお笑いを、それもブラマヨを、それも生で、それも超近くで見られるというのは、すんげ〜ラッキーなことです。わずか200人ほどの人しか入れない狭い会場でしたが、それはそれは超満員でした。
そして何より、次の7月のライブ、誰来ると思います?
なんと、チュートリアル品川庄司ブラマヨ笑い飯etc‥‥ですって!!
あまりに豪華な次回予告に会場はどよめきました。たぶん、ココはアホの寄せ集めです。

アホなわたしは、あわてて実家のアニキに報告!!「兄ちゃん、次のライブは行かな損するよ!何やったらわたしがチケット一緒に買うてやるけん、今度は一緒に行こうで!」
兄妹とは好みまで良く似たもので、わたしと同じ「チュートリアル」と「ブラマヨ」と「笑い飯」というフレーズに著しく反応を示した。
「おうっ、日曜やったら行けるバイ!俺も行きたか〜!!」

次はアニキとトウチャンと3人で行くことになりそうです。
またトウチャンはボヤくに決まっている、「えぇ〜!またバカ兄妹と一緒や〜!?」って。


次のツイてる!は雑誌の懸賞で、全国でたった1名様だけがもらえるスゴイもん、当てちゃいました!!
何だと思います??わたしが雑誌を見てて、一目で「コレ欲しい〜ときめきと飛びつきました。

プラズマテレビ」?それとも「ハワイ旅行ペアチケット」?はたまた、「米沢牛5疏蠹」??‥‥‥いえいえ、そんなもんじゃありません!
















これです!!「妖怪人間べムTシャツ」!!!

念願の「妖怪人間べムTシャツ」はこれだ!!

ね〜〜、イカしてるでしょ〜〜!!クールでしょ〜?子供の頃「妖怪人間べム」が大っ好きで、テレビにかじりついていました。そんな暗〜い幼少の頃の思い出がよみがえります。


しかも、イカしてるのは、これだけじゃない。




バックプリントまで超COOL!!!

バックプリントには、「早く人間になりたい‥‥」とあり、どうやら彼らの願いは切実なようです。


うれしいことはまだ他にもあったのですが、も少し詳しく書きたいので次回にします、ちなみに次回の内容は、昨日彼女と一緒にウチに顔出してくれたERくんについてです。感謝感謝〜!!
2006.04.25 Tuesday | 07:23 | comments(3) | trackbacks(1) | わが心の中の小さなガッツポーズ! | 

遅くなった同窓会報告

 前の記事からかれこれ10日ほど更新していなかったんだな〜。

 同級生の皆さんにはたいへん報告が遅くなりました、先週の同窓会、すっげ〜楽しかったよ!!

 私の高校時代の3年間というのは、つらいことも、苦しいことも、楽しいことも、何もかもがみっしりと凝縮されていて、何より忘れられないものとなりました。それを、ともに苦労しながら、そして笑いながら乗り越えてきた戦友たちが、私にとって大切な宝物になりました‥‥。

 私たちの高校は1学年約500名という大きな私立校でした。しかし、私たちのクラスというのはその中でも、国公立大学進学を目指すわずか30名弱で構成された、いわゆる進学クラスでした。全県内から集まって、このクラスに入ったのは、よほど中学で優秀だった人か、もしくは私のような変わり者だったのかもしれません(誰とは言わないけど、マメにこのブログを見てくれているあの人も然りデスなっイヒヒ)。

 約30名弱で3年間ともに学んだわけですが、このクラスのちょ〜スパルタ学習に、耐えられなかったり、成績を維持できなかったりすると、このクラスから脱落し、新たに優秀な生徒を普通科から入れるという、まさに下克上の世界でした。でも、戦国時代ときっと違うんだろうな〜と思うのは、誰かを蹴落とそうという人は誰一人いなかったことでしょうか。

 というより、ともに助け合いながら(‥‥っていうか私は助けられてばっかでしたけどイヒヒ)「次の英語をどう乗り切るか?」「次の数学が終われば‥‥」目の前のそれを自分がクリアすること、生きて帰れることだけしか、みんな頭になかったんですよね。それほど毎日が戦場でした。

 高校を出て、それぞれ違う大学にいって、いつの間にか、みんなと会う機会が少なくなっていましたが、卒業して10年を過ぎて、地元に残るメンバーは地元で、また東京チームは東京で、自然と集まるようになりました。
 そして、ER君が同級生だけの掲示板を作って提供してくれたこと、ぴろし君がこまめな気遣いで幹事をしてくれること、みっち〜や、ミホヨが同窓会報告をしてくれたり、マメにコミュニケーションをとってくれることで、だんだんと各地で集まる人間が増えてきたような気がします。
 ホントみんなに感謝しています、ありがとう。

 んで今回は、フジー君が、オーストラリアから一時帰国したため、「フジー君を囲む会」が○村市で開催されました。
 メンバーは、フジー君、フジー君の奥様、ミホヨ、ニシヤン、ハシモっつぁん、ぴろし君、ぴろし君の奥様、いわみぃ(当時の生物の先生)、それから私。今それぞれの道を立派に歩んでいる友人たちと、会って話をすると、まるで昔に戻ったようで、ただ純粋にたのしかったです。

・ フジー君は相変わらず‥‥‥超おもしれー男だった。
・ ミホヨは相変わらず‥‥‥明るくてきれいだった。
・ ハシモっつぁんは相変わらず‥‥‥寡黙で硬派だった。
・ ぴろし君は相変わらず‥‥‥細やかな気遣いでみんなが楽しめるように上手に幹事をしてくれた。
・ いわみぃは20代だった当時がちとジジ臭かったせいか、40歳になった今のほうがとても若々しく、クラスのメンバーかと錯覚するほどだった。
・ ニシヤンは相変わらず‥‥‥みんなからイジられていた。でも、10年前より一番進化したのはニシヤンかもしれない。彼はいろんな意味で確実にレベルアップしている。そして酔いがまわると、いつもどこかに消えてしまうくせがあるようだ。


 そして私は、、、、何か変わったのかナァ。自分のことってわからないモンですね。でも、みんなと会ってたくさん思い出話ができるって、ホントにうれしいことです。

 そして、みんなそれぞれの家族が増えて、より豪華な同窓会になってったらサイコーですよね。
 まだ一度も参加が実現できていない人たちも早く参加してくれることを願います、‥‥‥‥‥‥‥そうそう、あと井上○ろし氏もねっ!
2006.03.28 Tuesday | 00:58 | comments(7) | trackbacks(0) | わが心の中の小さなガッツポーズ! | 

happyなことがありすぎて‥‥(^▽^)V

 ココ何日かいいことがありすぎて、何から話そうか‥‥って感じです。


え〜、まず、日曜日のお話から。

待望の「お笑いライブ」、トウチャンと一緒に見に行ってきました。

   たのしかった〜〜!!楽しい

やっぱり、お笑いは生で見らんとイカンですよ。

 今日見たのは、「桃組」、「プー&ムー」、「ネゴシックス」、「レイザーラモンHGRG」、「ハローケイスケ」、「まちゃまちゃ」、「中川家」、トリはもちろん
博多華丸・大吉」でした。

 テレビでは、それほど興味がなかった人でも、生で見るとかなりおもろいし、うまい!!

 トウチャンの目的は、「中川家」一本。ただ、「華大」の漫才をまだ見たことがなかったトウチャンは、「オマエがオモロイっていうのはどれほどのモンだ?」と、半信半疑のご様子。

 一方、私はといえば、基本は「華大」一本で、次に「中川家」、「ネゴシックス」、「オタコぷー」というカンジでした。

 「プー&ムー」は、見たことなかったんですが、「プー」とは多分、福岡吉本の人で5年くらい前、「オタコぷー」という名で『オタコぷー体操』をしていたと、記憶しています。
 そのあまりに斬新な動きに私とばかアニキは釘付けになり、ビデオに録ってまで見ハマってしまった‥‥というエピソードがあります。

  ‥‥‥って、バカだね〜、ウチの兄妹たらーっ

 そのプーのコンビ漫才も、かなりおもしろくって、また見たい、と思いました。あとネゴシックスも、期待通り!!

 そして、いよいよトリの「華大」!!会場的には「レイザーラモン‥‥」目的の人が多かったらしく、その時の沸き方に比べたら、まだ知名度はないのかなぁという
カンジでしたが、逆に言えばアタックチャ〜ンス!!

 「華大」がすこ〜しだけ地味目な拍手に出迎えられ登場。

 一瞬会場が静まり返ったその時、私は、生「華大」を見て、あまりの興奮に思わず、








  「華ちゃ〜〜〜ん!!!」ときめき






 と叫んでしまったのです。


 やはり、公会堂とは狭いモンで、聞こえるんですね〜。

「華丸サン」も、その声に少し驚き、ワンテンポ遅れで両手を挙げてくれたのです。

 やったあ〜(^○^)V聞こえた〜〜!!ガッツ!!



私の左の席の人は明らかに(くすくす)と笑っているパクッ

そんなちっぽけなこと気にするかっ!こっちは嬉しくてしょーがナイんじゃい!!

そして満面の笑みでふっと右側のトウチャンを見る。そして、「華ちゃん」より誰よりその奇声に一番驚いていたのは、トウチャンだったと気づいたのです。冷や汗



 それから、「華大」の漫才はといえば、やっぱりダントツにおもしろかった。
ほんのすこ〜しアウェイ気味だった会場もあっという間に飲み込んでしまった。
やっぱすげ〜!!

 半信半疑だったトウチャンも、「いや〜、おもしろかったね〜!オマエがハマるのがわかる!!」とのこと。


 ライブが終わってから、川沿いのカフェでお昼を食べることにしました。ランチが来るのを待っている間、ふたりでライブの話をたくさんしました。

「今日は行ってよかったね〜!オレあがんおもしろかモンとは思わんやった。」



「でも、一番おもろかったとはオマエやったぞたらーっ







   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥えっ?
2006.03.21 Tuesday | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | わが心の中の小さなガッツポーズ! | 

がんばれ!てっちん。

 「とくダネ!」で思い出したのでひとつ。
 もう去年の話だけど、ある日いつものように朝から「とくダネ!」を見ていると、見覚えのあるレポーターさんが映っていたので、アレ〜この人見覚えあるな〜と、
ぼぅっと思った。
すると、小倉さんが「今日から新しく『とくダネ!』のレポーターをやることになりました、岸本哲也クンです。」といった。

 びっくり「え〜、てっちん??」ぎょっとした。
「なんで、こんなトコにいるの?」と私にとってはかなりのビッグニュースだった。

 毎週土曜の朝、「いい朝NCC」を見ていた人なら気づくはずだ。
NCCテレビのアナウンサーなのだが、大きな体格で、ユーモアセンスもなかなか、英語もスラスラと使いこなす彼が、私は結構好きだった。でも、おととしあたり番組をやめて以来、彼を見かけなくなったので、ちょっとだけ寂しかった。

 そうかぁ、彼は30歳を超えてから“チャレンジ”したんだ〜、新しいコトに。
 フジテレビに行ったいきさつはよう知らんけれども、きっと大きな決断だったと思う。すっげ〜!てっちんってカッコイイ拍手と思った。
いくつになっても挑戦することを忘れない人って、カッコイイ!

 それからというもの、毎朝私は、てっちんから勇気をもらっている。そして、心からのエールを送っている。
私の中では、これだけ大きな出来事なのに、誰と会話をしてても、てっちんのことを話題に出す人なんていやしない。みんなの中では、さほど大きな話題ではないということか?

 でも私みたく、ちゃんと見てる人間もいるんだ、“チャレンジする人”のコトを‥‥。

 それはそうと、みんなもっとてっちんに注目すべきだゾ。ローカル局の頃のようなおもろいアドリブは、最近はめったに見れないけど、ぜひいろんな人に応援してほしいナァと思う、今日この頃だ。

 そして、てっちんが、たまにちょいと小洒落たコメントをしたとき、私は心の中で
またまたガッツポーズを決めている。

2006.02.23 Thursday | 01:18 | comments(0) | trackbacks(2) | わが心の中の小さなガッツポーズ! | 

やっぱ、華丸ばい!!

みっ、見ました〜〜?びっくり






  って、R-1ぐらんぷりにキマッとるたい!!!


  華丸しゃん、見事に優勝しましたねっ!拍手

思わず、TVの前でひとりでガッツポーズ、しとりましたイヒヒ

いよいよ進出しまっせ〜。東京にいるみんなもこれからは華丸しゃ

の華麗な博多弁、ますます聞けるば〜い、ってよかろうもん!!
2006.02.19 Sunday | 17:46 | comments(0) | trackbacks(5) | わが心の中の小さなガッツポーズ! | 

R-1グランプリ、見るべし!!

こないだ朝からボーっと「めざましテレビ」を見てたら、“R-1グランプリ”の決勝戦の予告をしていた。何気にそのメンバーを見てて、ハッと釘付けになってしまった。なんと、博多華丸サンが決勝進出〜〜!!びっくり拍手
やっと、全国区になる時がきましたカナ〜?それもなんか、うれしいようなさびしいような‥‥。
私とウチの兄貴は、昔からちょーお笑いオタク!!しかもそのマニアックな好みが恐ろしいほど一致している。血は争えんなぁとつくづく思う。
お笑いの話に関してだけは、子供の頃から異常なほどの盛り上がりを見せた、兄貴との会話。若手からベテランまで、興味の矛先は幅広く向けられるけれど、その二人がそろって「おもろい!!」と言ったのが、博多華丸・大吉でした。ほかの若手芸人サンがどんどん全国区になる中、「華丸・大吉は絶対行くバイ!!」と
二人でひそかに応援しとりました。アホみたいに熱くなる二人を横目で見ながら、ウチの旦那はといえば、
「バカ兄弟が!!」[:ふぅ〜ん:]と呆れ顔でつぶやいておりました‥‥。

  2月19日は、“R-1グランプリ”見るズラよ〜テレビジョン
2006.02.17 Friday | 22:16 | comments(2) | trackbacks(1) | わが心の中の小さなガッツポーズ! | 
 | 1 / 1 PAGES |