<< 村上ファンドの外資転向のワケ | main | 大切なお金の話(7) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.22 Tuesday |  | - | - | - | 

下りのエスカレーターと昇りのエスカレーター

 とてもうなずける貴重な情報を得ましたので、ここでご紹介します。

あなたは下りのエスカレーターに乗ってしまっていませんか?

私たちの生活は下りのエスカレーターに例えられます。毎日毎日、一生懸命働きますが、ずっと同じ場所から変わりません。

もし働くのを止めてしまえばどんどんエスカレーターは下ってしまい、生活ができなくて大変な事になります。

毎日、会社に出勤しているサラリーマンの方は一度はこのような感覚になった事がありませんか? あと何十年働けば苦しい生活から抜け出す事ができるのだろう・・・。

そう思っている人は多いのではないでしょうか。 残念ながら毎日サラリーマンとして会社に出勤して仕事をしているだけでは、定年するまで下りのエスカレーターから抜け出す事はできません。さらに追い討ちをかけるようですが、今の年金制度の状況から考えると定年しても抜け出せない可能性が高いです。(現在の国民年金は800兆円以上の積み立て不足です。)

実はお金持ちとそうでない人の違いは、乗っているエスカレーターの違いなのです。お金持ちの人が乗っているエスカレーターは上りエスカレーターなので、毎日あくせく働かなくても、自動的に資産が増えていきます。(お金持ちはどんどんお金持ちになります。) 自分が乗っている下りのエスカレーターを昇りのエスカレーターに変える事ができる方法を知っていたらあなたならどうしますか?

当然その方法を実践しますよね?

実は今、気づいた人から自分のエスカレーターを昇りのエスカレーターに変えていっています。

(若くして豊かになった人達から学んだ金持になるための具体的な7つの方法)


 これから私たちが迎えようとする歴史上かつてなかったほどの大変動の時代というのは、大胆に進んでいく人と、腐りかけた救命浮き輪にしがみついたままの人とが同居する時代となる、といいます。情報の発達により、時代の変化はもっと速く、劇的になっていきます。そして、億万長者の数も劇的に増えると同時に、後に取り残される人たちもたくさん出てくる、と予想されています。

 そのことについて、エスカレーターに例えて、とても分かりやすく説明されていますよね。
 
 下りのエスカレーターの人というのは、たいていの場合、一番下の子供が独立すると同時に、自分の定年後の準備ができていないことに気づき、あわててお金を貯め始めます。それから、自分たちの老いた親が病気になり、また新たな責任が自分たちの肩にかかっていることに気づいたりします。

 あなたはどちらのエスカレーターに乗りたいと思いますか?
2006.05.26 Friday | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | Rich Dad,Poor Dad | 

スポンサーサイト

2007.05.22 Tuesday | 00:06 | - | - | - |