<< 大切なお金の話(7) | main | 自分の人生を変えるのは自分だけ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.22 Tuesday |  | - | - | - | 

「人生の目覚まし時計」が鳴った時

「人生の目覚まし時計」ってご存知ですか?
もしある日突然、今までの人生がベルの音とともに消えてなくなってしまう日が来るとしたら、その瞬間あなたは何を思いますか?

「時間」というものは大きく4つの種類に分けられる、と聞いたことがあります。

ゞ杁泙つ重要な時(月末で仕事に追われている時や、かきいれ時で休む暇もないほど忙しい時など)

緊急ではないが重要な時(家族で団欒したり、旅行を楽しんだり、趣味の時間をとる時など)

6杁泙世重要でない時(急な来客があったときや、不意の電話の時など)

ざ杁泙任發覆重要でもない時(休日にダラダラとテレビを見るときや何もせず寝ている時など)


サラリーマンの人はたいていが,个りを毎日繰り返しながら、たまの休みになるとい謀召犬謄瀬薀瀬薜貽を過ごしたりする人が多くありませんか?

主婦の人はの来客に追われたりしながら、たまに,筬い謀召犬燭蠅靴討い泙擦鵑?


ベルが鳴る時とは、例えていうなら、自分の大切な人が突然亡くなった時や自分が突然の事故に見舞われて死を悟った時、あるいは、ある日突然末期がんの宣告を受けた時、配偶者から突然の離婚をつきつけられた時、自分の乗った飛行機が不運にも墜落して死を悟った時などなど、いろんな場合が考えられます。

そんな時、「もっと仕事をしておけばよかった」とか「もっとダラダラ過ごしておけばよかった」なんて考える人がいるでしょうか?
誰もが思うのは「もっと妻に優しくするんだった」とか、「もっと家族とたくさん思い出を作っておけばよかった」とか、△鬚笋辰討けばよかった、と考えるそうです。
誰もが日々´い个りやって忙しいけれども、でも本当は△最も重要で、△人間の本来の夢だそうです。

自分は何のために生まれたのか、せっかく五体満足に神様から命を頂いたのに、今まで何ひとつ満足できる人生を送ってこなかった自分に私は恥じました。
「やったことへの後悔」よりも「やらなかったことへの後悔」のほうが罪深い。
ベルが鳴ったとき、「あの時こうしていれば」なんて二度と後悔しないために、私は自分の人生を自分の力で変えようと思うようになりました。
裕福な家に生まれようと、そうでない家に生まれようと、自分の望む人生は自分しだいで変えられる、ということです。そして何より今は、△了間を優先できる人生を送りたい、と強く思うことが原動力となって、私は日々いろんな挑戦をしているのだと思います。

そして、いつかベルが鳴って、自分の体を神様にお返しする日が来た時、
私はきっと神様にこう言うのです、「私は心から満足のいく人生を送ることができました、この世に送り出して頂いて、本当にありがとうございました」と。
2006.06.11 Sunday | 21:25 | comments(0) | trackbacks(1) | Rich Dad,Poor Dad | 

スポンサーサイト

2007.05.22 Tuesday | 21:25 | - | - | - | 









-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/28 1:40 PM |