<< 真実はどこだ? | main | 長らくの留守、本当にスイマセン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.22 Tuesday |  | - | - | - | 

消費志向の日本人気質

 政治の討論番組は見ていて具合が悪くなるものも多いのですが、しかしながら好んで見てしまう番組もあります。私が一番好きなのは「たかじんのそこまで言って委員会」、次に見ちゃうのが「太田光の私が総理大臣になったら」です。毎週見られるわけではないのですが、時間があるときなどはついつい見てしまいます。
 今日、私は久々に「太田光の私が総理大臣になったら」を見たんですが、
その中でもアレには驚きました……「小泉総理の外遊4回で8億円」!!
何でそんなにかかるんじゃぁ〜!!!びっくり  って思いマスよね、フツー…。
ほとんどの方が批判を示す中、一人の女性がこんな感じのことを言ってました。
「一国の総理が海外に行って、宿泊代をケチってどうするんですか?」
国際派らしい女性だっただけに、そのあまりに古臭い日本的な考えに、大変残念な思いがしました。外国にナメられないために、首相は格式あるリッチなホテルに泊まり、ケチらず見栄を張れ、ということのようです。
 本当に海外ではそのように見られるのでしょうか?

 これはある外国人資産家のお話です。
 私の知り合いの日本人が、出張でヨーロッパを訪れたことがありました。彼は地元の人にはなかなか行けないような高級レストランに私を連れて行き、高価な料理やワインを注文してくれました。それは、その場にいた人数ではとても食べきれないような量でした。
「注文が多すぎますよ」と私が言うと、彼はこう答えました。
「いいんですよ、どうせ出張旅費で会社から出るんですから」
彼がそのようなお金の使い方をしているのを見て、私はいささか悲しい気持ちになりました。優しさからそうしてくれたので、なおさらでした。


 こういうお金の使い方をするのは何も民間だけではなく、行政でも大変多く見られます。こういうことの繰り返しが、今の身動きが取れないほどの日本の借金を生んでいることをいま一度考えるべきでしょう。欧米の企業では、いかに経費を削減できるかで、その社員を優秀な人材と認めるのに対し、日本ではいかに予算を多く組めるかによって、その社員が優秀かどうかが決まるという傾向にあります。

また彼はこうも言っています。
 お金を稼ぐことは、命を得ることと同じです。お金を失うということは、命を失うことと同じです。お金は、国が滅んでも自分が生存するための手段です。
 ヨーロッパの人たちは、このようにお金に対する強い思いを持っています。ヨーロッパは近年まで各国に領土が入り乱れ、長い紛争の歴史を刻んできました。ヨーロッパに住む人にとっては、国家や政府からの資産の保全はつねに課題だったのです。


 世界の歴史上、かつて類を見ないほど多額の借金を抱えながら、未だ破産せずに持ちこたえているという異常事態の中、この国でただのほほんと生活していくことはあまりにも危険です。「お金を持つ目的と意味」を、他国に見習ってしっかりと、一人ひとりが意識しなければならない時期に来てるように思います。

 あなたは何のために、お金儲けをしていますか?
 何のために、毎日働いてお金を稼いでいるのでしょうか?
 「お金儲けのその後」は、何をしたいと思っていますか?
 これはあなたの人生観を問うことになる非常に深遠な問題です。ここがしっかりと固まっていないと、いくら稼いでも不思議とお金が貯まりません。
 お金持ちになったらこれを買いたい、あれをしたい、とばかり言うようでは、結局は消費志向の繰り返しです。こういう人は「お金をたくさん使う人」であって、決して本当のお金持ちにはなれません。
 重要視すべきは、お金が貯まった後が本当の資産管理であるという点です。お金儲けそれ自体が人生の目標なのではなく、投資の準備の最初の一歩であるということです。
 
「自分の運命を国の運命とともにしない真の自由」、こういった思いが私の根底に芽生え、そうして私は海外を視野に入れた投資を始めるようになりました。




2006.10.27 Friday | 21:57 | comments(0) | trackbacks(11) | Rich Dad,Poor Dad | 

スポンサーサイト

2007.05.22 Tuesday | 21:57 | - | - | - | 









-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/28 5:22 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/28 8:39 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/30 10:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/01 7:47 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/02 9:37 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/02 6:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/02 11:00 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/06 10:15 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/14 5:00 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/19 8:24 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/09/16 5:10 PM |